2016. 12. 22  
当然、戦争崇拝者ではないが、大河ドラマ『真田丸』が終了して、若干寂しい気もする『大阪人』で、この後は、年末に始まる『全国高校ラグビー大会』での『虚々実々の駆け引き』を、テレビで楽しむしかないかと思っている。(

昨今の高校ラグビーは、1500校以上もあった・15人制登録チーム数が、半減近くになっている?上、『寄らば大樹の陰』で、強豪校に良い素材が集まり格差がつき過ぎて100点ゲームも頻発し、安全上からも大会開催要項の見直し必要の感が、無きにしもあらずやと思われるが、、、

しかし、大学のチームが、どこも『オリジナル性がない ・ 成り行きラグビー』をして、『トップリーグ予備軍養成所の様相』に成り下がってしまったよりは、まだ、高校チームの方が、指導者と、プレーヤーの連携よろしく、工夫をしてゲームを創り、『自分達のラグビー』を目指しているチームが多いようであり番狂わせも起きて、楽しみなことではなかろうか。

また、そんな中『学校での部活動の在り方、指導者の確保』などについて、議論が沸騰しているようであるが、体育部活動に関するかぎりは、安全上の問題から、適格な指導者絶対必要であって、活動する場の確保とともに、シッカリ対策する必要があるのでは、なかろうか。

まぁ、そういうことから、現状は環境の良い学校に集中するのは、止むを得ないところか。環境の改革は、そうそう進むものでなく、まことに難しいものであると思うからである。しかし、私がそう言ってしまっては、 『元も子もない』ので、そんな悪環境の中でも、なんとか『自分達が出来て、勝てるラグビーの出前』をやり続けて、『日本ラグビーの活性化を目指したい』と、老体に鞭打ち、『現場中心に』頑張っているつもりである。

とは言っても、そういう『アドバイスの機会と、 相当なる時間』を頂かないと、この活動も進まないので、精々、 御用達願えれば、どこにでも出かけて行くつもりであり、ピンピンと生きている今の内に、よろしく『活性化』に向けての、ご協力のほどを、お願い申し上げます。(

また、このブログの記事につき、わかりにくいところがあれば、是非㊙コメントで、『お名前、関係するチーム状況、ご自身のラグビー歴』などを記入の上、ドシドシご質問を頂ければ、結構であります。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
㊙コメントで、、、
NEW Topics
㊹:ラグビージャパンの足跡
㊸:ラグビージャパンの足跡
㊷:ラグビージャパンの足跡
㊶:ラグビージャパンの足跡
㊵:ラグビージャパンの足跡
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR