2016. 12. 25  
昨日、トップリーグ全勝同士であるサントリーヤマハ熱戦があった。
結果は、サントリー41-24ヤマハと、サントリーの勝利となったが、さすがに、ハンドリング・エラーが、サントリー対ヤマハという締まったゲームになり、両軍とも、持てる力を存分に発揮した・好ゲームではなかったろうか。

サントリーは、自陣ゴール前まで迫ったヤマハの執拗な攻撃を前へ出ながらリロード素早い・『粘りのディフェンス』で持ちこたえ、ヤマハ得意モールでのトライをひとつに抑えアタックについても、フラット気味にした前のラインにサポート立体的に組み立て、ツナギをガット気味の短いパスなどで縦に切り裂くなどしてトライを取り切れたのが、大きな勝因ではなかろうか。

これに対しヤマハは、前半3分前パスで、トライするなど『ゲームの入り』良く、またスクラムでも優位に立ち、『ポゼッションエリア取りとも、 優勢に戦いながら』、『ここぞ!』という敵ゴール前のラインアウトで、敵にコンテストされてモールにつなげなかった、またディフェンスでも、次第にサントリーの攻撃を見てから出る『待ちディフェンス気味』になっていったなどが、敗因となったのではなかろうか。

またブレークダウンでは、サントリーはジョージスミスなど個人のジャッカルで取戻す、ヤマハ複数人でスウィープしてしまうなど、それぞれ自チームの特色を出し、結局は、サントリー対ヤマハターンオーバーという数字になっていた。
しかし、それらスタッツでの数字以上に、『ここぞ!』という肝心なところでの『錬度』で、サントリーが勝った(マサッタ)というゲームではなかったろうか。

今後も、まだ続く両軍の戦いぶりには、目したいもの、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
①:全国高校ラグビー
NEW Topics
②:素晴らしい日本
素晴らしい日本
⑦:BKの基礎スキル
⑥:BKの基礎スキル
⑤:BKの基礎スキル
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR