2017. 01. 12  
このシリーズの最初に、 『安全上の問題で、全国高校ラグビー大会の改善』につき感想を述べたが、これに関連して、ある医師の方から、『日本ラグビー学会誌の第7号(2014年)に投稿された論文』の抄録が、 ㊙コメント欄に、 届いた。

種々の文献統計も駆使して、日本のラグビー、その中の高校ラグビー現場の状況から思索された『全国高校ラグビー大会の制度改革としての提言ー医師の立場からー』と題する素晴らしい論文であって、このように活動されていることを知り、大いに感心させられました。

是非、多くのラグビー関係者が、この問題に関心を寄せられ、少しでも『怪我のない、面白い全国高校ラグビー大会への改革』が進むように、期待したいものであります。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
①:ラグビージャパンの足跡
NEW Topics
④:よくある議論
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR