2017. 01. 20  
前回、『パスキックも出来ない奴に、CTBをやらせておくわけにはイカン』というクダリがあったが、チョット誤解のないように書いておくと、、、
私は、中学、高校とバスケットボールをやっており、楕円球のストレートパス自体はやれなかったわけではない。しかし『早稲田のBKに要求されるパス・スキルのレベル』が滅法高くてど素人が1年では、そのレベルに達していなかったという意味である。

では、当時『早稲田のパス』は、どう教えられたかと言うと、「まずボールが来る方向に両手を伸ばし、キャッチとともに『ワンモーションの腕の振り手首指のスナップフォロースルー』という一連の動きを滑らかに行ない、フラットな位置の味方に放るが、そのキャッチャー臍(ヘソ)の前で取りやすいようにスーと前にカーブするように投げる」という途轍もなく高い要求を満たさなくてはならなかったのである。

そして、このようなパスが出来る人間が5人並ぶと、どういうことを出来たかと言うと、当時スクラムでは、5m下がっていないディフェンスとの短い間合いにも関わらず、フラットラインから前に出ていって、たとえば『右オープンならSHからSOダイビングパスSOからは平パスでボールが空中にある間に⑩-⑫-⑬―⑭4人は同時にカットアウト出来て、各自が40cmづつズラセルと、ウィングでは160cmズラシ、完全に抜き去ることが出来て、なおかつSHから⑭に渡るまでの時間は4秒前後』といったムーブを完成させたのである。

そして、それをどのように落とし込んだかと言うと、『4年生主導のBKライン練習』でやり、さらに『それに必要なスキル上級生からのポジション練習』、その上に『足らざるところ自分で考えてやる個人フリー練習』でやることで1年~1年半程かけて出来るように、手取り、足取り教えてくれたのである。

ならば、『タックル、ディフェンス』はどうか? それは次回に、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
日本選手権・準決勝
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR