2017. 02. 19  
昨18日は、アドバイス行脚のついでに足を延ばして、北九州の小倉に行き、2019ワールドカップに向けた準備で新設された『北九州スタジアムのこけら落としサンウルブズトップリーグオールスター』のゲームを、珍しく生で観戦して来た。スタジアムは、素晴らしい出来で、1万5千人の観客席も埋め尽くされ、立ち見も出るほどの盛況ぶり、いやー、地方の盛り上がりぶりが、実感された。

というのは、この新スタジアム建設に向け奔走した北九州市の元市会議員・吉田君が、早稲田ラグビーの同期生(彼とは大学一年生の時、昼食後グランドに出てチーム練習、個人練習、シボリと長時間の鍛錬にも耐え、ようやく湯が膝下くらいしかない泥水の終い風呂の中で、何が原因だったかは忘れたが、『取っ組み合いのケンカ』をしたこともある同期生、懐かしいねー)

その彼の晴れ舞台を『祝いながら観戦しようと、企画された今回の同期会』しかし結局は、趣旨とは関係なく、前夜の昔話に花が咲く賑やかな会、当日のゲームの観戦もどこへやら、インゴールノッコンなど連発に「何しとんねん下手くそ!」と、相変わらずワイワイガヤガヤ勝手な野次満載で、「ゲームの結果? そんなん、どうでもええわー、、」の楽しい集いでありました、チャンチャン、、、(

それにしても、こんな地方でも、2019年のワールドカップに向け盛り上がっているのに、「京都あたりの静けさ?」が、若干気になったでありました。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑭:ラグビージャパンの足跡
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR