2017. 02. 21  
さて、『接近ツナギ』をアドバイス先の高校生に落とし込み、その様子を写真に撮ってみようと思ったが、如何せん『写真撮影技術の無さ』と、プレーヤーが『カメラ目線』でやったりするものだから、、、(
ということで、『上手いタイミングでの良い見本』が、どうしても撮れなかったので、それならばと、、、
下の『悪い見本』の写真を使って、また私が先に、どこを直すべきかを言ってしまうと、『考える癖』がつかなくなるので、今回は、 ヒントだけを箇条書きにするので、どこを、どのように直すべきかを、皆さんで考えて貰うことにしたいと、思います。

まず、最初のボールキャリアは、ディフェンサーを止めてしまうには、どういうコースを走り、目線はどこで、どんな姿勢で、どんな足の運びで、どんな方向ベクトル)で、ダミーに当たろうとするべきでしょうか?
ダミーに当たる時、ボールは、どのように保持すればよいのでしょうか?
ダミーに当たったあとは、自分の身体の重心を、 どのようにして立ってられるようにし、さらには、 どの方向を向いて、味方のサポーターに、ツナゲバ良いのでしょうか?

サポーターは、このツナギをする場合に、どんなタイミングで、どんな声を掛け、実際その地点に、どんな姿勢で、行けば良いのでしょうか?
ボールのツナギを受ける際に、その姿勢は?、目線は?手の構えは?
スピードは?

ダミーを持っているディフェンサー役姿勢は、これで良いのでしょうか?

各人の直すべきポイントを、 書きましたが、それらが出来てやっと『当たってからツナグ』ということが出来る訳だが、その前に、このダミーに当たるというコンタクト力がいるわけであり、これをダミーなしに、 直接敵プレーヤーに、 当たるとすれば、『ガチ』でのコンタクト力を鍛えておく必要があり、さらには敵が引く場合があるなどの対応も、練習しておく必要がある。
そうした遭遇したこともないような経験も、想定して練習でやってみて実際に体験し、『敵に当たる恐怖』というモノを、克服出来ないと、次のステップには進めない。
そして、それらが出来た後に、最終的には、『このツナギを敵に当たる直前0センチのタイミングで出来るようにしサポーターも、そのタイミングにピタリと来る』ということが出来て初めて、『接近ツナギ』の完成となります。
これが、 『究極の接近パス(最初から意図して行なう、日本式段取り付きオフロードパス)』なのです。 やってみて下さい

接近術ツナギ


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑮:ラグビージャパンの足跡
NEW Topics
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR