2017. 03. 03  
大西鉄之祐著の『わがラグビー挑戦の半世紀』に書いてある・『展開、接近、連続』を、 当時の全日本チームの戦術の根本原則とした理由については、 以下のとおりであり、要約すると、、、

(a) 日本人チームと外人チームを比較して、 考えねばならぬのが体力差
特にFWでの差が大きい。でかい外人欠陥展開力が鈍いことで、球を取れば速やかに展開、すなわち、 巧緻性を働かすパス攻撃が、 日本人のお家芸である。

(b)接近とは、この巧緻性最高に利用したプレーと言える。外人間合いをとって、 スピードに乗ってプレーするが、日本人の長所は、短い距離でのスタート・ダッシュが鋭く、しかも、 接近した間合いにおいて、 巧みな技術が出来るところにある。外人が長い槍、日本人は短刀が得意と言え、短刀では彼らの懐(フトコロ)入る以外に、相手を制する方法がない。早いダッシュで間合いを詰め、接近の間に巧みなプレーで相手の逆をとる。全員早い展開で、 これにフォローし、出来る限り連続的にゲームを運ぶ。

(c)外人チームは連携に欠け個人プレーの風潮が強い、日本のラグビーは全員の協力こそ最高のプレーだと、 指導し続けて来た。また連続プレー根源は、 持久力であって、身体は小さくても、 持久力ゲームの主導権はとれる。戦前の早稲田大学チームオーストラリア遠征により持ち帰った『ゆさぶり』が、 中心的潮流としてのタイプ創りあげ好成績を上げているのも見逃せない。

展開、接近、連続』は身体的に劣勢日本人が、外人と対等に試合する為には、当然考えなけらばならない日本人の特質と長所を抽出して、外人の短所を突くということに、 他ならない。我々の先輩50年かかって、こうした日本人に適したラグビーを創り上げつつあったのである。

もう一つの大きな戦術決定は、防御の方法として、『シャロー・ラインを採用した』ことである。シャローディープかは、日本ラグビー界の長い論争の種で、実戦派はシャロー、理論派はディープを保守した。しかし身体的劣勢に立つ日本人は、外人スピードに乗らない内タックルしない限り彼らを倒すことが出来ないという明白な事実を、無視することは出来ない。

以上が、本に書かれていたことであり、次回には、私が現場で、どう感じていたかを、少々書いてみよう。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
サンウルブズの戦い
NEW Topics
㊹:ラグビージャパンの足跡
㊸:ラグビージャパンの足跡
㊷:ラグビージャパンの足跡
㊶:ラグビージャパンの足跡
㊵:ラグビージャパンの足跡
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR