2017. 03. 23  
前回のように、大西監督の『ゲーム経過』を読んでみて、いまさらながらに、思い出すのは、、、

このNZ遠征最大の目標とする敵に対 して、3年という期間をかけて、『如何に意図を持ちつつ、周到に準備 した戦略、戦術を、完璧にやり遂げたゲームだったか』を、ヒシヒシと感 じるということ。

まず、ディフェンスで、『ローゲームの戦い』に持ち込むために、徹底 したシャーロー・ディフェンス敢行、『経過』に出ているとおり、ビッグタックル連発 、そのタックルでの敵ミスに乗 じ、『ディフェンスでトライをとった』こと。
あるいは、通常であれば20%~30%のポゼッションを、ディフェンスによる敵ミス誘発で、マイボール・セットプレーに持ち込み、『アタックの増』に、結びつけたのも、勝因にあげられること。

そして増やしたアタックでのトライが、全てBKのセットプレーからのワンフェイズ、すなわち『一発トライ』であること。如何に『FWの懸命の球出 し』を『BKの仕掛け段取りもよく正確に遂行 しトライに結びつけているか』、ということ。

まさに、この『彼我の実力情報収集、判断の上、自チームが出来ることを積み上げてどのようにゲームを創っていくか』、これが、『大西ラグビーの真髄』なのであり、また自画自賛で申し訳ないが、理論を実際の現場で具現できたプレーヤー達努力の賜物ではなかろうか。

故に、ルールも変わり、現代のプレーヤーが出来ることも変わった・『現代の日本ラグビー』に関しては、この50年前の『日本ラグビー』を、ただそのまま真似 をしようとしても出来ないわけで、いま、大西鉄之祐が生きていたなら、『現在の現場をよく洞察 して、どのように再構築 しようとしただろうか』という視点、考える必要があるのではなかろうか。

なお同様のことが『大西鉄之祐著、わがラグビー挑戦の半世紀』に、『寸評』として書かれているので、次回に、これも転載させて頂こう、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
㉖:ラグビージャパンの足跡
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR