2017. 04. 08  
今シーズン6戦目にして、サンウルブズが、東京秩父宮ラグビー場で行われた『ホームゲームの優位』を生かして、初勝利をあげた。

前半6分先制トライをし、10分にはPGも決め8-0と、 絶好の『ゲームの入り』をみせ、その後、反撃されるも11-10リード折り返し後半48分PG63分にはターンオーバーからのトライを喰らい11-20と逆転されながら、敵にシンビンが出た後の69分に鮮やかなトライを返し74分PG21-20再度逆転、その後 6分弱 を、大観衆の応援を受け、『前に出るディフェンス』で1点差を守り切った。 まさに前々日書いた『農耕民族の狩猟民族に対する戦い方』通りの、素晴らしいゲームだった。

あとは、『中盤での効率的な戦い方、ディフェンスのポカ撲滅、敵ゴール前でのFWモール攻撃追加』などでの工夫が加われば、もっと勝利数を増やせるのではなかろうか。今後に期待したいもの、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
㉛:ラグビージャパンの足跡
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR