2017. 04. 23  
昨日行われたフィギュアスケート・世界国別対抗戦で、日本チームが3大会ぶり2度目の優勝を果たした。つい先日の『浅田真央の引退』にもめげず、その快挙を成し遂げるのに貢献した選手が、女子フリーで日本歴代最高点を出した17才の三原舞依、続いた16才の樋口新葉で、また、前日ショート7位からフリーで逆転勝利 した男子の羽生結弦・22才、それに続いた宇野昌磨・19才、更にアイスダンス、ペアの選手も含めた『チームとしての優勝』であり、本当に素晴らしい勝利であった。

特に際立ったのが『前日の失敗からの逆転』、或いは『チーム最後の演技』など、大変なプレッシャーのところで、結果を出すという『凄いというほかない練習に裏打ちされたメンタルの強さ』が感じられたことだった。来年度の冬季オリンピックについても、期待が膨らむ戦いではなかったろうか。

また、今夜のエキジビションで、女子フリーで自身の歴代世界最高点を更新したロシアのメドベージェワが、なんと『セーラームーンのコスプレで登場』、「月に代わって、お仕置きよ」と日本語で、なりきり演技を披露したのには、まさにびっくり、『日本アニメの人気の凄さ』にも、今更ながらに感服

日本って、素晴らしい』と、つくづく感じいった次第。そうなんです、日本には誇るべきモノが、一杯ある。
ラグビーもそうだ、日本の若いラガーよ、もっと、 日本オリジナルラグビーに誇りをもって頑張ろうではないか!


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
㊱:ラグビージャパンの足跡
NEW Topics
③:ゲームに勝つには、、、
ラグビーの安全について
②:ゲームに勝つには、、、
①:ゲームに勝つには、、、
⑨:コンタクトを楽しむには、、、
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 記事の公開範囲に関しまして
Sさんへ、横井です。訂正しておきました。よろしく、、、
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR