2017. 05. 14  
1973年全日本初の敵地でのテストマッチ対ウェールズ戦は、カーディフの競技場で、 数万人の観客が、 ウェールズ国歌ランドオブファーザー」を大合唱する中で戦うという、我々にとっても初体験のプレッシャーで始まり、 当時世界№1だったウェールズの実力そのままに、セットプレー圧倒され、ほとんど15対85ほどのボール獲得率での苦戦となり、14-62という結果になった。

しかし、その少ないポゼッショの中でも、全日本ディフェンスから敵ミスを誘いカウンターで、WTB伊藤がトライ、また例の『カンペイ』で、山本の負傷で代わってFBの位置に入った伊藤が、横井のパスを受けて抜け、タックルに来たJPRウィリアムスをふっ飛ばして、二つ目のトライをあげた。

さらに、ウェールズゴール前20mでの日本ラインアウトのオーバーボールを捕った№8村田に、左CTBの位置から一気に横井が寄ってガット、そのまま独走して、コーナーフラッグ一杯にグランディングしたが、これがその当時のルール「コーナーフラッグに先に身体が触れた」として、トライが認められず、『幻のトライ』となってしまった。
(私のブログのプロフィール写真に使っているのが、そのトライ場面。当時はテレビ放送があり、後で見たテレビのスロー再生ではトライと認められるが、『ビデオ判定』はなかったので、認められなかったもの)

このトライを含めると、当時の世界№1ウェールズに、堂々とBK3トライを奪ったという素晴らしいラグビー展開したわけであり、 また、 その『独自性あふれるラグビー』に対し、後の「ヨーロッパラグビー20年鑑」に、この写真とともに『ジャパニーズスタイル・ラグビー』との評価を受けて紹介され、また私のトライは、『トライ100選』にも、選ばれたのだった。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
㊵:ラグビージャパンの足跡
NEW Topics
コメント:③
①:アタックについて
コメントあり:②
変なコメントあり
⑨:変なラグビー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR