2017. 05. 27  
さて、ウェールズ転戦を終え、イングランドに入った全日本は、あの1971年日本での「両軍ノートライ・3-6の因縁の試合」、個人的には、あのゲームに出場できなかった私の「逃した機会」の雪辱を期し、1973年10月13日ラグビーの聖地・トゥイッケナムでの2年ぶりのテストマッチに望んだ。

対するイングランドも、23才以下と言えど数人の本代表が入っており、また他の若手も、その後本代表に選ばれた選手ばかりで、また敵にとっても日本で苦戦をした経験を持ち対策を講じて来たチームであって、さらに「本国での戦い」ということでは、その気合の入れっぷりは遥かに凄まじく、1971年の時よりは、より厳しい相手であるという状況に変わりはなかった。

すなわち、1971年時には、日本のシャローディフェンスが厳しいのでFWでの攻撃を仕掛けてきたが、それも止められたので、この時は、身長差を生かして、ハイパンで前に進み、我々の頭の上でプレーする戦略をとって来て、これで『防ぎようのない3本のトライ』を取られた記憶がある。

これに対して日本は、例による少ないボール獲得率の中での最小のアタック機会を捉え、前回ブログに出したスクラムからの『イチ横』での植山トライと、BKに回して坂田がボールを後ろにソラスもカバーした植山が逆にチャンスとなって抜け、それに2~3人のサポートがついて走ったために植山がパスダミー二本目のトライを取り、10-16と肉薄、さらにPGを狙う機会も2~3回あったが山口が外し、結局10-19で、またもや「敵地でのテストマッチに勝つという・大魚を逃がした」のであった。

ついては、この時の「敵にわかっていても、トライを取りきれる『接近イチ横』が、どうすれば出来るか?」を、近年、スクラムでは、 敵のディフェンスが5m下がっているのだから、『より簡単に出来る筈のイチ横サインプレー』について、詳しく書いてみよう、、、(


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
㊹:ラグビージャパンの足跡
NEW Topics
⑦:アタックについて
⑥:アタックについて
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR