2017. 05. 28  
イチ横』の詳細に入る前に、まず提供された動画と私の拙い写真を今一度確認してください。
動画は、インターネット画面を開いて貰い、ブログに記載のURLに入れ替えて貰うと見れる筈。トライシーンの最初から2番目イングランドとのゲームでトライしたモノである。また、 私の写真では、不明瞭ながら、私にタックルに来ているディフェンサーの手の位置、さらにボールの位置を確認して下さい)

即ち、動画と写真を確認して貰うと、CTB横井SO蒲原からほぼフラットでパスを受け、そこから更に前へ出てディフェンサーの手が届く直前にボールを放し、自分はタックルを受けて後ろに飛ばされるので、ボールが前に残ってスローフォワードみたいに見えるが、パスした時は真横で滞空パスをしたものなのであることがわかる筈。そして、それだけ前へ出て植山ツナイデいるから、白く見えているバッキンが届かなくて抜け、トライに向け走り込んでいるところがわかるでしょう。

このプレーが出来るようになるのに必要なスキルは、、、
まず低い姿勢で、肩でタックルが出来るようになること(これでコンタクトの怖さを克服出来るようにすること)
上記姿勢アタックで人に当たる時にも出来るようにし、なおかつタックルを受けたあとの受身の動作も練習して、怖く思わなくなるように鍛える
パスは、自分の真横よりやや後ろ目に『滞空パス(空中に浮いて漂うようなパス)』が出来るように練習すること

以上であるが、昔はディフェンスの位置が5m下がっていなかったので前へ出るのは少々難しかったが、現在は容易に前へ出られる筈。また、現在のディフェンサーは内から追ってくるので少し敵の外肩の方向へブロック気味のコースをとるのも出来る筈。
FBが入る時は、CTBの陰から入るように近くに寄って入れば、敵は詰めては来ない筈。それでも詰めてくれば、その外側で2CTB、或いはウィングが余る筈。さらには、エキストラマンブラインドウィングを使えば、FBも外側で使えて、さらにチャンスがひろがる可能性あり。

このように、ふたつ以上の選択肢がある『ムーブ』を、攻守が接近した中仕掛ければ、必ず成功する確率が高くなる。すなわち、FWが固まって居るセットの第一次アタックでやれば、そのシチュエーションは繰り返し練習して出来るわけだから習熟が進み、バッキンを振り切る前へ出た位置でやれば、ますます確率は増していくことになる。
是非とも、この『簡単で力強いサインプレー』に習熟すれば、敵陣何メートルからは、セットのファーストフェイズで『一発とり切りのBK攻撃』を持つことになり、ゲームメイクの向上にも大いに貢献できる筈。

スーパーリーグで苦戦しているサンウルブズなんかでも、「使えるのになー」と思うのは、私だけなのだろうか?(


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
㊙コメントあり
NEW Topics
②:現ジャパンのテストマッチ
現ジャパンのテストマッチ
ブログ拍手
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR