2017. 06. 25  
44年前テストマッチの様子を書いている時に、昨日、『現ジャパンのテストマッチ・対アイルランド戦』が行われた。
40年前とは変わったなーと、感慨深いのは、『情報戦の様子』であり、「その情報の量と、その活用の良し悪しで、いろいろなことが惹起する面白さ」も、 あるのではないだろうか。

たとえば1968年全日本NZオールブラックスJr勝利した際は、NZでは『全日本が彼らが想像だにし得ない前へ出るディフェンスをする』という情報はなかったから、面食らったということだったろう。同じことが2015年ワールドカップで、ジャパン南アフリカを破った際には、南アがジャパンをなめて居て、情報収集、準備を怠ったため苦杯をなめた。しかし、3日空いたスコットランド戦では、指摘したとおり地元のスコットランドは、多数の分析員とドローン?などの分析術を駆使して3日間でジャパンを丸裸にし、すぐに対応策を練習して、快勝したのである。

そして1971年全日本のNZ遠征の情報を聞いたイングランドが、全日本のディフェンスを怖がってFWで勝負してくれた結果、全日本FWが健闘して接戦出来た。しかし1973年全日本英仏遠征時には、当時世界最強のウェールズは、「全日本の前へ出るディフェンスに対して、深いライン走力で振り切れると判断、その情報収集と準備を怠った全日本は完敗。しかし左程、情報収集してなかった?、また身体・身体能力の差が少なかったフランスには、善戦できた

だが今回2015年ワールドカップ以後、対ジャパンへの情報収集が進み、「敵ヘッドコーチが、ジャパン選手の個人名をあげて警戒心を披露する」など、良く研究されて来ていることを考えなければならない状況であったことがわかった筈。そこで懸念されるのが日本のメディアラグビー評論家などの対応ではなかろうか。
スポーツでは「情報の取り扱いも、一種の駆引きになるもの」、日本の記者がゲーム前に、日本のスタッフに根掘り葉掘り聞き出したり、その情報を掴んだからと言って、「何でもかんでも披露すれば良いというモノではない」ということを、心掛ける必要があるのではなかろうか。

またラグビー指導者が考えなければならない戦略戦術的なモノについては『わかっていても防げないといった ・ 確固たる信念鍛錬により、ティア1の強豪に対しても確実に完遂できるモノ』が、求められるのではなかろうか。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:現ジャパンのテストマッチ
NEW Topics
⑦:アタックについて
⑥:アタックについて
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR