2017. 07. 09  
最近、『現ジャパンの戦略、戦術』についての日本メディア論議が姦しいが、何度も申し上げている通り、『ラグビーの戦略、戦術の変更』なんてものは、それ以前の『身体、身体能力基本スキル、ゲームへの理解、瞬間的な判断能力』などなど、人間のあらゆる能力向上の上に積み上げられるモノであり、そんな生易しいものではないのではなかろうか。
すなわち、少なくても多くの時間がかかるのであり、その現場を預かっている現場のご苦労を思えば、評論家やメディア現段階で、『戦略、戦術の変更失敗』などの論議をするのは、失礼な話であり、温かく見守ってあげるべきではなかろうか。

また、前コーチの功績云々についても、若干違った理解もあるようで、『ラグビーというモノは、本当に奥深いモノで、表面に現れていることだけでは語り尽くせないこともある』と認識して、慎重に論議すべきものではなかろうか。
たとえば、2015年ワールドカップ時の南アに対する勝利は、全てがすべて前コーチが落とし込んだ戦略、戦術が、 合致していたわけではないだろう。最後のトライは、グランド内のキャップテン以下プレーヤーの判断でスクラムを選択したのであって、前コーチは『ショット』と叫び、勝てるとは思ってなくて同点引き分けを目指していたのではなかったか。
またアタックは『ボールを深く下げるシェイプ』を推奨していて、現に、 3日空いた時期に、スコットランド分析、対策されて勝てなかったのではないか。「南ア相手に、ジャパンBKフラットラインでボールを細かく動かし、最後に五郎丸がトライしたのは、プレーヤー自身がやったものではなかったか。

現に、先日のイングランド対アルゼンチン戦ででも見られるとおり、エディがイングランドコーチになって、『前へ出るディフェンス、フラットラインでボールを早く動かし縦サポートしてトライする、前パスを使ってトライする』などは、ジャパンのプレーヤー良かったところを、持ち込んでいったから、現在までのイングランドの好成績生まれたのではなかろうか。

とにもかくにも、現場には現場の事情があるのであり、周辺から尚早にガヤガヤ言うべきではなく、現場スタッフが気持ちよく仕事に専念できるように、周辺の環境整備にこそ、意を注ぐべきではなかろうか。
以上、何においても自虐趣味は止めて、もっと日本のやり方に自信を持つべきではないか。老爺心までに、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
南ア戦、2015年に訂正
NEW Topics
コメント:③
①:アタックについて
コメントあり:②
変なコメントあり
⑨:変なラグビー
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 100年間違っています。
横井です。ご指摘ありがとう。ALLOUT上手くいっているようだねー、その後、取材がないが、また一度京都に来てよ、、、待ってるでー、、、

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR