FC2ブログ
2018. 09. 18  
トップリーグの神戸製鋼ーサントリー戦は、36ー20で神戸製鋼が勝った。今期から、元オールブラックスの SO ダン・カーターが神戸に加入しており、さすがゲームをよくコントロールしており、特に「ゲームを切るべきところで、キッチリ切るキックの距離と正確性が冴えていた」のではなかろうか。

神戸の良かったところは、「細かいパス左右に使い、受ける方は真っ直ぐ走り込む」という『基本中の基本のプレー』で、ゲームを組み立てて、ゲインラインを突破していたところではなかろうか。

一方のサントリーは、深いラインで裏通し中心の安易な外側展開を狙って、さらにはミス多発自滅していったというところではなかろうか。前年度覇者が負けるということで、今期の優勝争いは、面白くなってきたと言えるのではなかろうか。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑱:よくある議論
NEW Topics
④:1960年代の日本ラグビー
③:1960年代の日本ラグビー
②:1960年代の日本ラグビー
⑳:よくある議論
NZで好評・1960年代の日本ラグビー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR