FC2ブログ
2018. 09. 27  
「⑮:よくある議論」の記事に対して、Kさんからコメントありました。

<Kさん: 同感です。子どもには、 「基本は平パス」と教えています。これは日本のスクールでも、特に小さい学年の子には、そう教えてるのではないかと思います。ですが子どもは、恰好いいからスクリューを投げたがります。
投げ方よりも、そもそも、 ボールを捕球できない子が見られます。サッカーの指導者から、センタリングの落下点に入れない子がいると、聞いたことがあります。結局、草野球をしていないので、ボールを受ける能力が鍛えられていないのではないかと思っています。捕球できなければパスは通りませんからその意味でも近距離の平パスから始めて、高学年には、蹴った球も捕球できるように、と思っているところです。、
高校生になった頃には、一通りのボールが受けて、 投げて、 蹴る事のできる選手に育ってほしいと思っていますが、さてどうなるやら、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
NZで好評・1960年代の日本ラグビー
NEW Topics
②:スキルフルなラグビー
①:スキルフルなラグビー
⑲:1960年代の日本ラグビー
早明戦、早稲田勝つ
⑱:1960年代の日本ラグビー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR