FC2ブログ
2018. 10. 08  
シーズン真っただ中、各地でゲームが行われているが、指導者は、キャップテンに『ジャンケン(コイントスの時もあるが、、、)に勝つこと』を、練習させているだろうか。
最近の若者のメンタル面からみれば、「ゲームの入りよく、先制して、、、」といった『流れ』を、上手くつかみたいもの。

ゆえに、この「キックオフをとるか風上をとるか風下をとるか」について、あらゆるシュミレーションをして、そのチームの実力を勘案してたてた方針を、監督、キャップテンで共有化しておいて、的確に試合開始に導けるか、準備しておく必要があるのでは、なかろうか。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:1960年代の日本ラグビー
NEW Topics
④:1960年代の日本ラグビー
③:1960年代の日本ラグビー
②:1960年代の日本ラグビー
⑳:よくある議論
NZで好評・1960年代の日本ラグビー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR