FC2ブログ
2019. 01. 06  
準決勝大阪桐蔭―流経柏、流経善戦も、肝心なところで
スローフォワードなど詰めが甘く、『下剋上』ならず、残念。

Aシード同士の神奈川桐蔭―東福岡は、実力伯仲も、「上手い
アタック
というより、手で捕まえに行く弱いディフェンス乱打戦
といった感じで、神奈川桐蔭の勝利

決勝では、『ゲインラインを越させない・鉄壁のディフェンス』や、
『わかっていても止められない・接近アタック』など、双方ともが
高校生らしく『自チームの意図を明確にした戦い』での力一杯
な接戦
期待したいものではなかろうか。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑦:花園での戦い
NEW Topics
⑦:具体的な取り組み:接近アタック
⑥プレーヤーとの協力:接近アタック
⑤質疑応答:接近アタック
④考える、喋る癖づけ:接近アタック
大西鉄之祐夫人・アヤさんご逝去
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR