FC2ブログ
2019. 01. 07  
戦術的には、期待ほどにはいかなかったが、両軍持てる力を
出し切れた
意味では、及第点の決勝戦ではなかったろうか。
そして、やはり『前へ出る』というところで、大阪桐蔭の方が若干
フラット気味にアタックしディフェンスでも前に出れていたので
はなかったか。

ゲーム終盤26分大阪桐蔭 ダイレクトタッチで、神奈川
のトライ
につながり2点差になったのには唖然としたが、30分
神奈川最後の反撃を この 自らのタックルでボールを取返し、
勝ち切ったことが印象に残るゲームだったのでは、、、

やっぱり、ラグビーは『局面を変えるタックル』がカギとなる


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
③:大学選手権決勝
NEW Topics
⑦:具体的な取り組み:接近アタック
⑥プレーヤーとの協力:接近アタック
⑤質疑応答:接近アタック
④考える、喋る癖づけ:接近アタック
大西鉄之祐夫人・アヤさんご逝去
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR