FC2ブログ
2019. 01. 13  
イヤー、近年まれにみる「面白いゲーム」ではなかったか!!
というのは、「ラグビーは『全知全能』を使って、勝負するもの」
すなわち、「身体だけじゃなく、頭も使い、己を知り敵を知って、
意図をもった戦略、戦術で駆引きし、それを成し遂げて勝ち
切るか
」というもの。そして明治、天理両軍ともが、そこのところ
死力を尽くしての大接戦であったというべきでしょう。

では、なぜ明治に軍配が上がったのか、 このゲームのビデオ
を見て考えれば、非常に参考になる
ことを一杯示唆してくれて
いると思うので、頑張って洞察されては如何?

若干、ヒントをあげておくと、、、
自軍の長所、短所を考えたゲームマネージメントのたて方
  (前パスの使い方など、効率的なゲームの創り方
セットプレー等の実力(スクラム、ラインアウト、モール)
  (それらのゲームに入った後の状況変化に対する修正能力
③ターニングポイントは?
  (トライを取りきった明治前半21分、後半60分と、
  トライを取りきれなかった天理前半の最後、後半の最後

このあとの論議については、次回に、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
④:大学選手権決勝
NEW Topics
⑦:具体的な取り組み:接近アタック
⑥プレーヤーとの協力:接近アタック
⑤質疑応答:接近アタック
④考える、喋る癖づけ:接近アタック
大西鉄之祐夫人・アヤさんご逝去
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR