FC2ブログ
2019. 01. 20  
最近、私がブログに書いたことを、実現してくれるというか、
挑戦してくれるチームが、沢山出て来ていることに、本当に
感謝致したい。

というのは、昨年12月16日に書いた「日本人プレーヤー
での日本ラグビーの復活
」を目指して欲しいとの記事に対し
大学のカテゴリーでは、明治大が優勝し、昨19日の「トップ
リーグ・カップ戦
」で、サントリーがリザーブ含む23人全員
日本人で出場、逆に23人中8人の外人プレーヤーを含む
トヨタとの戦いに、大奮闘してくれたのである。

残念ながら、あと一歩届かなかったが、『日本人の特長を生か
した細かいツナギ
』など、いま少しコンビネーションよく、フラット
に出れるよう研鑽を積めば、得点能力は飛躍的に伸びるものと
期待できるのではなかろうか。
それと、さらなる『前へ出るディフェンス』、『前パスの活用による
効率よいゲームつくり』が、課題か?


関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
錦織、凄すぎる
NEW Topics
フェイスブックに1968年のジャパン動画が掲載
しばらく、休憩?
⑧:実際のアドバイス
⑦:自チームのゲームマネージメント
②:ジャパン優勝
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR