FC2ブログ
2019. 01. 28  
大坂なおみが全米オープンに続き、全豪オープンでも優勝
同時に、世界ランク1位にも登り詰めた。
日本人の血をひく彼女が全米後にも磨き続けたのは、やはり
日本人の特性である『下半身の強さを鍛え、敏捷性と耐久性
飛躍的に向上させる』ということだったのである。
さらに、目指したのが、『前に出ることで、敵にプレッシャーを
かける
という戦術

これ、どっかで聞いたことと、一緒ではないですか?
そう、私が『ラグビーで推奨していることと、まるっきり一緒
である』ことに、お気付きでしょうか?
そして、『前に出ることが出来れば、景色が変わる』という
ことを理解して頂けたでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
日仏チャリティマッチ
NEW Topics
フェイスブックに1968年のジャパン動画が掲載
しばらく、休憩?
⑧:実際のアドバイス
⑦:自チームのゲームマネージメント
②:ジャパン優勝
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR