FC2ブログ
2019. 02. 04  
昨3日「日本トップリーグ選抜―フランスリーグ・クレルモン
のゲームが行われた。
結果は、「クレルモン50-29日本トップリーグ選抜」だった。
この種ゲームは、両方ともディフェンスが若干甘めになって、
乱打戦」になることが多いが、今回は、両軍とも「ボールを
細かくつないで、上手くトライを取る
」という面で、参考になる
ゲーム
をしてくれ、面白かったのではなかったか。

そしてラグビーでは、「優秀な選手を集めた選抜チーム」より、
「長い間チームとしてやって来て、コンビネーションの良い・
単独チーム
」の方が、結果を出せるということが、おわかり
だろうか。

また日本人と同様に、「敏捷性、巧緻性に秀でて、キレよく、
素早く動くフランスのプレーヤー
」のボディコントロールと、
ボールコントロール
を、ぜひ参考にして欲しいものである。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ラグビーの主将
NEW Topics
①:オモロイ・ラグビーをやろう
ラグビーの主将
日仏チャリティマッチ
大坂なおみ、も凄い
錦織、凄すぎる
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR