2010. 12. 02  
ようやく、K氏から「フィットネスで劣るなら、どうすべきか?」の回答が、寄せられて来たので、紹介しよう。

<K氏回答:コンタクトフィットネスで劣っているなら、 ショートキックやドリブルを多用してはどうでしょう?
※逆に、優っているなら積極的に当たって相手を消耗させるべし。
ランフィットネスで劣っているなら、 ヘタに左右へは揺さぶらずに、縦・縦・縦ではどうでしょう?
※逆に、優っているなら、左右に揺さぶり相手を消耗させるべし

大体OKですが、もう少し補足しましょう。また、私は「小よく大を倒す」
狙っているので、基本的には、弱者対策のみを書いていきたいと思います。

コンタクトフィットネスで劣っているなら、おっしゃる通り「コンタクトをなくせばよいわけで」アタックで、キックを使うのはよいのですが、それだけでは「ボールの保有」を渡してしまうわけで、そうすると、K氏も書いているように、 ボールを持って当って来られる。

故に、キックでゲームを切るのはのはよいのだが、あわよくば「マイボールに帰ってくるキック」の使用が、 カギになってくる。 たとえば、「ハイパントを競って取る」「グラバーキックをタッチ際に転がし、敵が拾ったところをタッチに押し出して、マイボール」といった工夫が必要である。
また、そうしても結局、敵ボールラインアウトになった場合に、思いっきり競りにいくことで、敵のラインアウト成功率を低下させることが、重要。

それでも、キックで、逃げてばかりでは、見透かされてしまう。そこで時系列に言えば、ゲームの最初は、例えばファーストスクラムでは、フロントローは、「これがゲームのすべてとばかり集中して、ありったけの力を出して組むべきである」そうすれば、「そこそこやりよるなー」と、スクラムで舐められることはないだろう。
同様に、ゲームの最初にハイパントをあげて、ドンピシャで厳しいタックルをすれば「なかなか来よるなー」と認識されるなど、「心の主導権」を取れるような、工夫も必要である。

そして、そのような意図を持ってやる以外の重要でないところでは、コンタクトを避けて、他の方法で陣地を前に進めることが肝要である。
たとえば、「ポイント移動して、キックを蹴り易くする為に、FWで「揉む」場合、或いは時間を稼ぐために「揉む」場合などは、その目的を果たすだけのための揉み方を工夫するなど、FW全員がよく認識して、練習しておく必要がある。

しかし、最終敵ゴール前で、「FW中心の攻めでトライを取りに行く」場合は、小さかろうが、個人個人のコンタクト力が弱かろうが、複数人で工夫してトライをとりきることが重要であり、 ルール上、 複数で押すことが認められている「モール」などは、徹底して身につける必要がある。

コンタクトだけでも、こんなに長くなったので、ランフィットネスについては、次回にしよう。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑦:練習をどのように考えるのか
NEW Topics
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
②:アタックについて
コメント:③
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR