FC2ブログ
2019. 06. 05  
私の早稲田大学現役時代、および卒業後も大変お世話になった
アヤさん』が、先月お亡くなりになったと、お聞きした。
特に、社会人になり京都に移った後、ジャパンの合宿やゲーム
上京した時も、帰りは必ず大西邸に寄り、夕食を戴いてから汽車
で帰るという 、まさに「東京のおかあちゃん」だったのである。
一つ思い出すのは、恩師・大西鉄之祐が亡くなられた時「オヤジ
には誉められたことがなかったな
」(早稲田同士では依怙贔屓
うつってはイカンという意味で言わないと分かってはいたが、、、
と呟いた時、おかあちゃんから「何言ってんのよ、陰では『これは
アイツにしか出来ん』とか誉めていたのよ
、ちゃんと後輩に伝え
なきゃ
ダメじゃない」と諭されたことだった。そして「2000年に
現場復帰
」を、一番に、ご報告参上の際「今頃?気でも狂ったか
大笑いされながらも、嬉しそうにされていたことだった。
フェイスブックのプロフィール写真は、「東京のおかあちゃん」との
ツーショットだが末永く使わせて戴こう、よろしく御願い致します
本当に、本当にお世話になりました。はるか遠くより、「ご冥福を
お祈り申し上げます」

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
④考える、喋る癖づけ:接近アタック
NEW Topics
君なら、どうする
第一戦ロシアに勝利
日本オリジナルラグビー
さらにコメントあり
こんな感想も、、、
Comment
No title
横井さんがこの時期に訃報に触れるのですから 親族でお別れをされたのでしょうね。
まだ10年にはならないと思いますが、秩父宮の最上段で 東芝ー早稲田戦を一人で観戦されていた姿を思い出しました。
あの頃は 北アルプスで山スキーをなさると仰っていた笑顔も同時に甦りました。
ご冥福をお祈り致します。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR