FC2ブログ
2019. 10. 21  
決勝トーナメント準々決勝戦ジャパン敗れるも、「日本独自
の特色あるラグビー
を、世界に示せたこと」に、本当に誇り
をもち
、自信を深めて、次回以降につなげて欲しいもの、、、
また、台風襲来という中でも運営を成功裡に導きつつある
関係者は勿論のこと、フアンの皆さんの振る舞いに至るまで
全ての面で、「日本民族の素晴しさを、知らしめたこと」も
大いに誇ってよい「ワールドカップ」ではないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
ラグビーWCの今後は?
NEW Topics
モールを磨こう
FWへ感謝!
フラットラインの利点
大西鐵之祐について
次の例・『2C6A』を書いてみよう
Comment
同感です
日本代表本当によくやったと思っております。四勝で予選突破だけでも充分健闘、決勝トーナメントは流石に力尽きたか。

しかしながら、ティア1相手の敗戦を健闘や善戦で片付けたら元の木阿弥。相手は日本対策として優位に立てるラインアウトとモールで来た。横井さん推奨のディフェンスも、プレーでよく表現したのは相手のほうであったか。
しかしながら、次は勝って欲しいところですね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR