2010. 12. 08  
さて、話を「練習をどのように考えるか」に戻そう。
ある予想敵へのゲームマネージメントつくりについて、話をしてきたが、トーナメント方式である為、そういうことが出来ないとか、或いは敵が多すぎて絞れないとか、もう少し簡潔にしたいとか、の必要があると思われる。

このような時は、自チームが、どのチームを敵に回しても実行可能なもの、
また、絶対やらねばならない最小限必要とされるもの、に集約したところの「スタンダードゲームマネージメント」をつくり、それを「敵との各要素の優劣の違いで、補整する」ことを、お勧めする。

たとえば、スタンダードでは、敵陣22mまでキック中心に攻めるということであったのを、フィットネスにそう差がないと判断されたら、敵陣30mに補正するなど、地域で調整するのか?すべての時間をスタンダードにしていたのを、前半の前半、後半の前半はもっと積極的に行くことにするなどが考えられる。
すなわち、プレーヤーに地域と、時系列を明確に意識させることが、
ゲームを意図どおり進めるために重要であり、

さらに、 「リードしているか?リードされているか?残り時間はいくらか?」のシチュエーションによっても、どのような選択肢があるかを、明確に意識させておくことも重要である。

そして、このことをプレーヤーに落とし込む為には、本当に自チームのゲームマネジメントそのままのゲームシチュエーションでやることに拘って、練習することを、お勧めする。
すなわち、「どの地域では、どういうディフェンスをするか?」「どの地域からは、どういう攻め方でトライを取りに行くか?」の練習も、その地域そのままのところからやることに拘る。そして、そういう練習しかしなければ、自然にプレーヤーにゲームマネージメントを落とし込めることが出来るのではなかろうか。

さらに、最後に「只今タイムアップ10分前、4点リードされている」などの前提を言って、何をすべきか考えさせながら、実際にやらせてみる。
このように、どのようなシチェーションになっても、「今、ここで、何をすべき」が、グランドに居るプレーヤーだけじゃなく、外で見ている部員全員が判断出来、自チームのサイン名で、言えるように「意思統一」をはかるべきである。
そして、こういう練習も、練習で疲れきってしまって、知的フィットネスがなくなった時じゃなく、「練習の最初にアップを兼ねたコンビネーションをやって、落とし込む」
などの工夫も必要である。



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑨:練習をどのように考えるか
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR