FC2ブログ
2020. 05. 24  
昨日、「しばらく休む」と言いましたが、やはり『19才でラグビー
を始めたど素人が、日本代表になり、世界と戦った現役経験、また
34才現役引退後に、26年間ラグビーを離れ60才になってから
現場復帰した指導経験』、この世にも珍しい体験で得たノウハウ
このまま眠らせてしまうのは、「いかにも、もったいない」と、思い
直しました。 変わり身が早い!(笑)

そして、いま一番苦労されているのは、ラグビー現場の指導者
皆さん、また、ラグビーの練習に時間をとれない若いプレーヤー
そこで即効性があり、すぐ使えるノウハウを、どうすれば示せるか
と考え、「ある県のベスト4レベルの高校チームが、次年度県代表
になるには、どんな練習が必要か?」というテーマで、「具体的
シチュエーション
を設定しつつ、効率的なチームづくりを示す」のは
どうだろうと考え直し書いてみることにしました。お楽しみに、、

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
トライをとる仕掛け
NEW Topics
モールを磨こう
FWへ感謝!
フラットラインの利点
大西鐵之祐について
次の例・『2C6A』を書いてみよう
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR