FC2ブログ
2020. 05. 28  
さて、ハーフ団の次にボールを渡す3人のポジショニングにつき
自チーム人材一定期間の練習量などから、可能性のある
サインプレーアイディアが、出て来ましたか?

まだなら、まず下記のことを考えてみましょう。
ラグビーは、ボールを前に放ってはイケナイ、ならば一番効率
の良いパス
は、どうすれば良いか? そう『平行』にパスするのが
最効率ではないでしょうか。

攻撃に当たって、アタック側にアドバンテージがあるのは、なん
でしょう? 攻める方向を先に決め、動くことが出来るということが
あるのではないでしょうか。

さらに、「仕掛け」をやる時に全速力でやらずに、守備が来た時
若干でも「ズラス」ことは、ちょっと練習すれば出来るのでは?

これらをヒントに、もう一度考えましょう

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
ポジショニング
NEW Topics
モールを磨こう
FWへ感謝!
フラットラインの利点
大西鐵之祐について
次の例・『2C6A』を書いてみよう
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR