2010. 12. 10  
書き忘れた「トライの取り方」、それは「ディフェンスでトライを取る」という、もっとも重要なトライの取り方でした。

「敵を追い込んで、ターンオーバーし、トライに結びつける」
「早い出足で、プレッシャーをかけ、敵のミスを誘発させ、それを引っかけてトライに結びつける」、あるいは、
「敵ボールセットプレーのボールを奪取して、トライに結びつける」など、


要するに、こちらが意図を持ってやる「アタッキングディフェンス」で、 トライを取るのである。
なお、こういう概念を持っているか、いないかで、ディフェンス練習への取り組み方が、大いに違ってくるものなのである。

このように、具体的に星勘定をして、「なるほど、行けるやん、勝てるぞー」とプレーヤー全員がイメージ出来て、なおかつ、ゲームのあらゆる場面で、
こんな考え方を確認でき、修正する癖をつけておれば、「頭が真っ白になって、何をすれば良かったか、考えられませんでした」というようなことは、なくなるはずである。
まさに全員が「絶対勝てる」を確認しながら、「心の主導権を持ち続けて」ゲームを運ぶことが出来、確信を持って勝利することが出来るのである。

以上、「勝つための練習を考える・要素について」色々な面から、書いて来たが、これでも最低これだけあるのであり、これを「練習に落とし込むだけでも、大変な数の練習が必要」となる。そこで、その中でも、絶対抜かせてはならないもの、自チームの練習環境に合わせて精査、摘出したものだけを、効率的に練習できるように考えねばならない。
しかし、これを必死に考えて、当然、自チームがやる、またやれる、「独自の練習方法を考案すること」、及び「プレーヤーがグランドに立った時、何の迷いもなく、やって来た練習通りにゲームを完遂できるようにさせること」が、「コーチの役割」なのであり、そんなことは、そのチームのコーチでないと出来ない。ジェネラルな練習で代替することは、何の意味もなさないのである。そこにこそ、指導者の工夫が必要であり、奮闘を祈るものである!!!

なお、ご質問があった、週一回しか練習出来ないクラブチームの場合も、
これら「戦略、戦術の全体」は考えてみなければいけない。
しかし、練習環境から考えて、当然やれることは、限られる。故に「チームとして、これだけは抜かしてはいけないという決め事」だけを抜き出し、それだけを練習すれば如何?ということになる。
それが「身の丈にあったラグビー」では、ないだろうか?

さて長くなったので 、もうひとつの宿題、「セーフティリード29点の考え方」は、また明日。(笑)


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
セーフティリードの考え方
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR