2011. 02. 05  
さっき終わったばかりのテレビ「探偵ナイトスクープ」で、今春中学卒業する息子(柔道一段)が、道場を開いている親(柔道四段)に、
「高校に入れば、もう高校の練習に入って行かねばならないので、今迄道場で父親に教えてもらっていた『けじめ』として、父親と正式に勝負を申し込みたい」という「話」をやっていた。

まさに、私が話をしていた「親子でやり、また親と勝負する理想の形」
であった。

息子が礼儀正しくお願いをし、勝負は始まり、初めは父親に「巴投げで技あり」などとられていたが、最後はフィットネスに勝る息子の「大内刈りからのおさえ込みで、一本勝ち」で終わった。

まことに、素晴らしいエピソードであった。こういう親子になりたいもの。
皆さんの奮起を望む。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ラグビーの心と身体
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR