2011. 02. 17  
今時、就職率100%の高校があるという。
三重県立相可高校の食物科の生徒さん達で、また部活動として「実際のレストランを経営」しているという。
普通4000円くらいする昼会席料理が、1200円で食べられるということで、
大盛況だそうである。

そして、ここでは、「料理の基本」を徹底的に鍛えられ、たとえば「味付けは調味料の分量を図るのではなくて、目分量で実際の『舌』の味見でやる」という。このように徹底して鍛えられた高校生は、「即戦力」と期待され、就職した後も「忍耐力」があり、絶対止めない、また料理をコーディネートする「発想力」に優れているという。
だから、就職率100%も、頷けることである。

このように、「目的別専門学校」というものを、ドンドン設立できるよう、もっと規制緩和すべきではないか?(もうとっくに、そうなっているか知らんが、、、)

そういう意味で、「各種スポーツ学校」というのも設立すべきである。
特に「ラグビー専門学校」は、学問として、研究・開発するには、十分に奥深いスポーツであり、是非とも「日本独自のスタイル」を研究し、その成果を蓄積すべきものである。
また、ラグビーを専門に勉強したいというからには、「モチベーション」
心配をしなくてもよいだろう?
(しかし、この考えは、ちょっと甘いかな?やはり、入学テストで、しっかり見極めが必要かもね?)

冗談抜きで、チェコかどっかが、バレーボール学校をつくって、欧州選手権で優勝したと聞いたことがある。
2019年のラグビーワールドカップには、一刻も早く「ラグビー学校」を発足させるべきだと、ラグビー協会筋に提案している。

もし、出来るようなことがあれば、喜んで協力するのだが、、、(笑)



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
世界のラグビーは?
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR