2011. 03. 08  
こんな、激励メールをもらったが、、、

<ご無沙汰しております。Kセミナーでお世話になりました、Fです。
いつもブログを拝見しています。ラグビーシーズンも終わりを迎えましたが、お忙しい一年だったのではありませんか。
サントリーの優勝。基本をしっかりシンプルに正確に・・・スポーツだけでなく、仕事においても家庭においても、全てのことに当てはまりますね。
娘の学校の担任の先生のお話。きっちりとした基本をこなすことが、最近の子供にはできないと・・・。まっすぐ線を引く、鋏でまっすぐ切る。出したものを元に戻す。封筒の口や切手をまっすぐ貼るなど、日本人がだれしもきっちりできて来たことが出来なくなってきている・・・。
京都のミシュランの☆を貰った料亭菊乃井でも、いまは板前修業に、運動部出身の人しか採用しないそうです。きっちりと同じことを、繰り返して習得して行くのは、料理の分野でも共通するようです。また上下関係にも、耐えられるのかもしれませんね。
シンプルに正確に・・・いい加減になりがちな私ですが、季節も春が近づき、「シンプルに正確に」を心がけたいな、と思います。またブログ楽しみにしています。

時あたかも、携帯でのカンニング、「片手で操作面を見ないで、長文を高速で打てる?」ほど器用。動機は親に負担をかけられない?しかし、このハイテク時代、すぐばれて、逆に親にどんな思いさせてしまうのか、考えられない?

スーパーの便所で、女の子を拉致しようと自転車、リュックサックを用意して、ウロチョロ。3歳の女の子を首尾よく捕まえたが、騒がれて殺してしまう。そんなことが、監視カメラに映るのは、わかりきっているのに?用意周到なようで幼稚。なんてことをするのか?

そうかといって、自殺者が3万人を超える。色々な原因はあるだろうが、なかには結局「悩み」をうちあけられる人がいない、医者に行けば「大量の薬投与」で、真の要因に触れてくれない。そしてツイ薬を飲み過ぎて救急車なんてことになって、死にも至る?あるいは、一人では死ねないからと、「集団自殺」。もっとひどいのは、「無理心中」、究極は「無差別殺人後の自殺」

そして連日、国会中継。国民の生活向上に向けた話し合いじゃなく、敵の「あげ足とり」ばかりで大臣がコロコロ変わって、政局は混乱するばかり。空虚空論のドタバタ劇。

どこか、おかしい? なんか、おかしい?? ニッポン???

みんな自分の立場、持ち場で、「昨日より今日、今日より明日、良くなろう」「シンプルに、力強く、前に進もう」ということは出来るはずやろう。

考えろ! 動けやー!! なんとかせいやー!!!




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
走り方:スタートダッシュ
NEW Topics
⑦:アタックについて
⑥:アタックについて
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR