2011. 03. 13  
私の関西の友人からも、節電についてメールがありました。

<関西の友人のメール:
関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、本日18時以降、関東の電気の備蓄 が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも、送電をおこなうらしいです。
一人が少しの節電をするだけで、東北・関東の方々の携帯電話が充電を出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり、救われます!
こんなことくらいしか、関西に住む僕たちには、祈る以外の行動として出来ないのです!
このメールを、できるだけ多くの方々に、送信をお願い致します!

またテレビでも、関東では電気が足らなくなるので、「地域ごとに意図して、3時間ほどづつ停電して行くという措置(輪番停電)が始まり、1週間ほど続くようだ」との報道があります。

皆さん、「節電」に協力しましょう。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
電力融通の件
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
No title
善意で書かれている所非常に申し訳ないのですが、それはデマを元にしたチェーンメールです。
関西と関東では電力の周波数帯が違う為、関西で節電しても関東にはほとんど送れません。
逆に、全国的な経済活動が停滞する事で、復興の遅れにつながりかねません。
(もちろん、節電そのものは、環境や資源枯渇の面から大切だとは思います)

できるならば、赤十字に寄付金をお送りするのが一番良いと思います。
No title
私のところにも来ましたがこれはデマメールです。
信用のできない情報を安易に載せないでください。
影響力のある人の行為ではないと思います。
No title
電力会社に働く者です。
東京電力等の50Hz系と関西電力等の60Hz系の間には、周波数変換所が有り、60Hzの交流を直流に変換してから、再度50Hzの交流にしています。
申し訳ありませんが、設備の容量の関係で、みなさんが節電していただいた分を、全て送電できないのが現状です。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR