2011. 03. 17  
今朝、せっかく被災地の皆さんの素晴らしさに称賛の言葉をお贈りしたのに、チョットそこから離れた被害の深刻でないところでは、一部の不届きな者が横行しているようです。そんなメールが届きました。

まさに、こういった自己中人間の行動が、被災地の皆さんの善行を無にしてしまいます。今一度、悲惨極まりない被災地のことを考え、いま「自分は何をしてはいけないのか、何をしないといけないのか?しっかり考えよう」

<東京のW氏:首都圏のパニックショッパー症候群は、一向に収束する気配がありません。
勤め帰りに買い物をしようと思っても、日用品もガソリンも売り切れ。海外のメディアは、この非常時に冷静な行動をとる日本人に驚きの報道をしておりますが、どっこい、しっかりパニックに陥ってます。昨夕のニュースでも街角の買い物帰りのオバサンが「なんか不安だから、いつもより多めに買っちゃった」と言っておりました。
毎日家でテレビを視てるだけの人が、普段より少し多めに食べて、使わない車にガソリンを満タンにし、被災地にはモノが届かない。どこが冷静な行動の日本人なのでしょう?
今朝のガソリン給油待ち行列は、地震発生後最長でした。余震の影響を考えると、電車の運行もあてにはできないので、私はガソリンが無くなった時点で自転車通勤に切り替えの覚悟ですが、せめて物流を担う運送業者にガソリンが渡らない事には、事態が益々悪化しそうに感じます。官房長官が冷静な行動をとるように呼びかけても、正に焼け炉心に水。
私は早急に、緊急車両や物流トラックを除く一般の車に対して、ナンバープレートによる曜日規制などを行うべきだと思います。どこに言えば良いのか思いつかないので、最近毎日拝見する横井さんのブログに載る事で話題になればと思い、メールしてみたところです

被災地では、ガソリンスタンドのオーナーが無料で灯油を提供し、提供を受けた方は、それを節約のために時間を限って使っているのですよ。そして、その間の寒い間は、身体を寄せ合って過ごされているのですぞ。
食べ物がまだ届かない避難所では、元気な者がガレキの中から探してきて、水も河の水を汲んで来て、みんなで分け合っておられるのですぞ。

そんな時、首都圏でガソリンを必要以上に買いこんで、恥ずかしくないのか?食べ物を買いだめしてよいのか?
被災地の皆さんに恥ずかしいような真似だけは、慎もう。またそれを見たら、お互いに注意しようではないか。被災地以外では、ガソリンも、食べ物も、衣類なども、なくなることは絶対ないのだから、、、



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
宮本武蔵の五輪書に学ぶ
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR