2011. 03. 23  
昨日の「走り方」が出来るようになれば、次は例えば、SOはSHからの
ボールをどのようにして受けるか?下図のような「受け方」が考えられる。

   
   ②      ③     、①→②→③  
              
                 、①→③
  
   ①      ④     、①→④→③


、①からスタート、まっすぐ走って②で対面をつり、ボールがきた時に
   横に動いて③でもらい、外を抜く
、①から斜めに③に走って対面をつり、③で立て直してまっすぐに走り
   ながらボールをもらい、対面の内側を抜く
、①から横に走って、④で立て直してまっすぐ走り、③でボールをもらって
   対面を殺してから、パスをする

これらの「3種類のコースの走り方」は、基本である。そして、この場合には③でボールを受ける、すなわちボールが来る前に動くやり方であるが、これを①でボールを受けてから、そのあとを同じようにコースを走るとすれば、
これはボールを受けてからの抜く、ずらす方法となる。すなわち、これで既に6種類のコースの走り方が出来る。

さらに、この①→②、①→④の距離を変えれば、無数の変化が出来ることになるのである。

そして、この走り方を、たとえばSOと、1CTBが二人で組み合わせると、二人で連携した抜き方、ずらし方が出来るわけであり、BKについては、マスターしなければならない「必須のスキル」である。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
③:どのように意図をもって走るのか?
NEW Topics
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
②:アタックについて
コメント:③
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR