2011. 05. 13  
前回の記事に対し、H氏からコメントあり。

<H氏:旭山動物園元園長のエピソード - 身の丈戦略 -
小菅元園長の北大時代のエピソードが、NHK教育番組にて紹介されました。北大柔道部主将時代、旧帝国大対抗柔道大会にて連戦連敗の北大柔道部、戦績UPのために考えた秘策。それは「負けない柔道」つまり勝たなくても良い、引き分け戦術を徹底的に1年磨き、北大柔道部の上位進出として結実。つまり「身の丈」戦術・戦略を徹底したこと。
横井理論の普遍性を考えさせるエピソードでした。 またもや「身の丈」とは何か、各チームの知恵絞り合戦ですね

横井注:まずディフェンスを固めないことには、勝算が成り立ちません。ディフェンスから行くのはいいですね。但し、ラグビーでは、「ディフェンスでトライをとることが出来、勝つことが出来る」ということもありですよ。アタックが下手になっている現代のラグビーでは、それでも十分勝機あります。

<H氏、第2報:フラットラインの概念
横井さんの理論ベースにバスケットボールのパスワークがあるからこそ、フラットパスの有効性が見えてきたのでしょうか。小学生時代のポートボール・バスケットボールで学んだのは、素早いパスワークとスペースを見つける感覚でした。そこにフラットパスの有効性も見えてきました。横井さんのイメージが培われた原型にバスケットBがあるからこそ・・・・かなと

<横井返信: フラットラインの概念
ラグビーは前へ進むのに、うしろにパスしなければいけない。これを、もっとも効率よく出来るのがフラットパス。だから、それで組み立てるべきと言っているのです。さらにもっと効率的なのは、前へパス出来る「キックパス」です。だから、全面パス攻撃の前に、効率良い「キックパス攻撃」があると言っているのです>

さらに、例の「三宅さん」からも、コメントがありました。部員が少なく、モチベーションをあげるには、どうすればよいか?という質問でした。来週にでも、また書きましょう、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
緊急情報!!
NEW Topics
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
②:アタックについて
コメント:③
Comment
横井さまへ
横井さんがアドバイスなさっている各大学・各高校等の試合に注目し「フラットパス」「キックパス」をいかに
理解・ゲームメイクしているのか、改めて視聴してみます。

横井さんからみた「サニックス」の戦術はどう思われますか?TOPリーグの中で「身の丈」戦術に徹しているチームの最右翼であると思いますが・・・。(抽象的ですみません)
Re: 横井さまへ
私がアドバイスしたチームでも、大分「温度差があるので、、、」注意してみて下さい。なお、サニックスについては、さほど熱心に見たことがないので、残念ながら、わかりません。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR