2011. 06. 03  
前回、チームの力を結集するには、チーム内リーダーの「組織」をしっかり作ることが重要と言い、その個人個人を一番知っているのは指導者の「貴方」であると言ったが、一つ言い忘れたので書いておくと、リーダーを選出する際に、実際の「ゲーム」で機能させるには、15人のうちの「縦の線」、すなわちフッカー№8ハーフ団CTBFBというところにリーダーを配し、その連携が密になるようにすることが肝要であるということである。リーダーの選出、選手のポジション決定の際に、参考にして下さい。

さて、組織が出来てしまえば、あとは放っておいたら機能すると思ったら、大間違いである。このように作っても思いもよらないことが、ゲーム中に起こるのである。
よくあるのが、組織はあっても、相互の連携をしないということ、情報が伝わらないこと、そして「選択肢」の選択に応用が利かないということが、しばしば起こるのである。
例えば、ゲーム前の予測で「敵とのスクラムは対等以下、ラインアウトは勝てる、だからラインアウトに持って行き展開しよう」と
なっていた際、実際スクラムを組んでみると「敵は弱くて押せる」といった状況の時、当然その場合は、スクラムでドンドン圧力をかけて行けばよいわけだが、この情報が伝わらなくて、戦術転換ができず、事前の「ラインアウトから展開」をして敵ディフェンスに差し込まれ、負けるなんてことが起きる。

また、そうして各リーダーを決めても、結局はリーダー自体が、情報を発信することも、決断することも出来ないで、結局はキャップテンだけに、その責任が集中し、キャップテンがパニクッテしまって、どう指示すれば良いか、わからなくなってしまうということも、良く起きる現象である。

だから指導者は、その組織がうまく機能しているか?について、その状況をよく洞察することが重要である。そして、何のための組織か?どのようにそれを機能させるのか?について、常日頃から詳細なシュミレーション練習をしておくことが重要なのである。

要するに、今の若者を過大評価しないこと、そんなこと出来るやろうということも、訓練しておかないと出来ないと考えておく必要がある。但し、その落とし込みの際に、「こんな時どうすべきかと考えさせながらやらないと、また、指示待ち人間になってしまう」ことにも留意する必要がある。

そして、ゲームのいろいろのシチェーションでも、プレーヤー全員に「どうすれば勝てる」と感じさせるか?、またその判断が出来るだけの要素を与えておけるか?それが出来れば、放っておいても最終目標「勝つこと」に向け、全員全力をあげることが出来るのではないか?

私が「彼我の実力比較」「勝利のための算術」「セーフティリードとは、、、」などが考えられるように、プレーヤーに事前に植え付けておくことに、意を注いでいるということの意味が、おわかり頂けたろうか?

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
③:チームのモチベーション
NEW Topics
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
「昨今のラグビー論議?」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR