2011. 06. 06  
チームのモチベーションアップについて、クダクダと書いたが、文章にしてしまうと、どうしてもこうなる。但し実際には、こんな
悠長なことでは、とてもじゃないが、アップしないだろう。

すなわち、ラグビーという刻々変化するゲームにおいて、その状況を的確に判断し、15人が一致団結して行動したいと思わせるなんてことは、「こういう時は、こうしろ」「この場合はこうやれ」なんて、すべて準備出来るわけがない。
だからと言って、すべて状況に応じてやれと言うと、チームとして一致団結した効率的なゲームマネージメントが出来ない。
この二つの要求を満足させるには、勝つという目標達成のための「時系列、地域別に、 シンプルなゲームマネージメント」という「」を作り、それを遂行しても、うまくいかなかったら、チームとして「これだけは出来るだろう」という『戻れるところ』をつくって訓練しておき、そこに戻るということが出来るようにしておく、というのはどうだろう。

要するに、プレーヤーが、 簡単に理解できて、 シーズンまでに、「努力すれば出来る」という精選されたものをミスなく出来るように練習し、シーズン中のゲームの際にも、「これは絶対出来る」というものが準備出来れば、あとはそれを実行するだけで、何の迷いもなく「やり抜ける」ということを感じさせれば、良いのではないか?

とにかく、プレーヤーが「こうすれば勝てる!と思うことが出来る」というものを、準備することが最重要。この「出来る」という思いが、モチベーションアップにつながるのではないか?

こんな時に、「これもやれ、あれもやれ」「サインは10数種類から選べ」なんてやっていれば、出来るわけがない。だけど多くはそうなっている、要するに「自分達が出来るかなと思っていることを恐るおそるやって失敗し、自信をなくしていって自滅する」即ち「身の丈にあったラグビーをしないで、負ける」ということが多いのではないのか?

今一度、よく点検して貰いたいものである。
シンプル・イズ・ベスト」でありますぞ!!!



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
嬉しいメール届く
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR