2011. 07. 15  
親ばかチャンリンで申し訳ないが、私の娘が「今、何をすべきか?」と考え、仕事をやめて、5月初めから2ヶ月間、石巻の渡波(わたのは)地区でボランティア活動をしていたが、先日、顔を真っ黒にして、帰って来た。

この渡波地区で、 まとまってボランティア活動をやり続けている
団体「オンザロード」の活動内容は、その名前「オンザロード」で検索すれば見ることが出来る。地域に密着した、被災地の方々に寄り添った活動を展開しており、素晴らしい団体である。

当初の4月初めから、6月30日までの第一期活動の締めくくりに、「みんなが元気になるには?」と考えた「オンザロード」の面々が、そりゃ「祭り」だろうと、活動の合間に廃材で「神輿」を作り始めた際、地元の人々も賛同し、6月26日の日曜日に「渡波元気祭」が開催された。

「百聞は一見に如かず」是非、オンザロードの「現地レポート」の「映像」部分を検索、見てやってほしい。本当に、涙なくしては見られない、被災地と一体となった素晴らしい「お祭り」風景の様子がみてとれるのである。

人生ってものは、やはり「感動」ではなかろうか?そして、
人間は感動なくして、動かない」のではなかろうか?
本当に良い経験をさせてもらっている娘が、羨ましい限りである。
そして、7月16日から再開する「第二期活動にも参加」すると言って、また出掛けていった。

中央政府の無様な災害対応のおかげで、復興活動が進まない被災地では、まだまだボランティア活動が必要である。
「オンザロード」は、常時ボランティアの受け入れもやっている。是非、ボランティア活動を経験してみたいという人には、拠点も安全なところを確保していて、活動も組織として、しっかり纏まっている、この団体での活動をお勧めするものである。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
③:ラグビースクールで、どう教えるか?
NEW Topics
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
「昨今のラグビー論議?」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR