2011. 10. 29  
このブログを読んで、感想を送って頂いた方々がおられますので、紹介しよう。

<SH氏:毎朝、ブログを読んでます。先日、W杯での日本vsトンガ戦のコメント(モールのごり押し)について、的確なご指摘をいただいて、とてもうれしく思いましたし、そしておおいに反省もさせていただきました。僕自身、モールを教えるのが不得意だったのと、大型FWの相手校に「ごり押し」されて、100点ゲームをされたことで、「モールは嫌い!」「モールは卑怯だ!」と、強く思い込んでいました。僕がきちんと、うちのチームにも「低くて強くて固く組めるモール」を教えていれば、子供たちにも、僕自身にも、「モール嫌い」の意識ができなかったと思います。
ただし、今年のジャパンのモールは、やっぱり、横井さんがご指摘のとおり、前半はよかったですが、後半は押し切れず、キックパスに逃げるなど、「必殺技」の域までには達していなかったですね。「世界一のはやいDF」とか、なにやら目標を掲げていましたが、結局は、「???」がたくさん残ってしまった大会になってしまいましたね。(また、愚痴ばかりですみません。)
これからですね。あと8年しかないのですから。僕たちにできることとは・・・。うーーーん。
とりあえず、子供たちと、W杯の決勝戦を一緒にライブで見て、「8年後には、日本でもこの大会があるんだよ。お父さんも、みんなと一緒に観にいきたいな。」なんて言ってみました。私の地元では、まだまだラグビーはマイナー(全国的にも??)なので、一人でも多くの人に、ラグビーというスポーツと、ラグビーというスポーツのすばらしさを伝えて行こうと思っています。ありがとうございました

<愛知のO氏:お貸し頂いたDVDに対しては、「衝撃」などの言葉では言い表せず、ラグビーの奥深さ、難しさを痛感しています。近年のジャパンスタイルに感じていた違和感と通ずるものを感じ得ました。とてもレベルが高く、真似をしようなどとは、とても思えません。ですが何か参考に出来る所を探し出し、必ず今後に役立てたいと考えています。私自身が信念を持って指導に当たれるよう、精進して参ります

投稿ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
DVD貸出し後のお便り:④
NEW Topics
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
②:アタックについて
コメント:③
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR