2011. 11. 03  
トップリーグ第1節の他のゲームについて見ると、まず東芝トヨタ戦。
これは、敵ゴール前では、モール及び押し込み中心に、ゲームを組み立てた東芝が、36―15で快勝。トップリーグの1チームとして蓄積したこの「モールのノウハウ」を、ジャパンでも活用できないものか、という感じがした。いずれにせよ、モールは今後も、もっと研究すべき課題と考えられる。
また、もう一つの、接点で出来るだけ立っていて、ボールキャリアを「押しこむ」というのも、以前から私が推奨しているものであり、身体の小さな者が、数を頼んでやるべきものとして、研究余地が十分ある戦術である。

一方、トヨタトライは、2本とも、敵ゴール前でのグラバーキック。(これも以前からの私の推奨策、W杯でも多用されたので、またしばらくは流行するだろう)
但し、両軍のペナルティが東芝16-18トヨタと、多すぎる、
特にスクラム、もっときっちり組めるように鍛えるべきであろう。

その他、今年注目している「ヤマハ」は、スクラム重視で、スクラム軽視のNTTコミュニケーションズに、55-18できっちり快勝
グランドいっぱいに展開する「サニックス」は、攻め疲れでディフェンスが甘くなり、リコーに26-36で敗退
昇格したもの同士は、NTTドコモ19-19ホンダで引き分け
その他、神鋼38-17NEC、近鉄32-16コカ・コーラで、試合内容は、横一線のシノギ合いで、従来とさほど変化なし。

なお、日本のテレビ放送を見ていて思うのは、「スタッズ内容の乏しさ」、こういうことは、外国を真似して、もっと充実させてほしいもの。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
過去記事:(10)
NEW Topics
現ジャパンのテストマッチ
ブログ拍手
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
さらに、コメントあり
Comment
なぜ?
なぜ?あなたはこんなに上から目線で現代のラグビーを評価できるのですか?あなたのブログは人を不快にしていますよ。昔の人間は昔の人間らしく黙って見ていて下さい。
無視すればよい
横井さんのコメントに対し癪に障るのなら
ブログ見ないでください。
卑劣なコメントを残す意味がわかりません。
ラグビーが好きなら、上記のようなコメント
を残さないで欲しい。
どこが?
どこが卑劣なんですか?肯定の意見しか言ってはダメなのですか?こう言うものを書くのなら否定の意見もあって当然だしそれを受け入れる覚悟も必要なのでは?
横井さんも,実名,ラグビーレベル,経験など名乗って色々意見を述べているわけですから
名無しさんも,ご自分のラグビー経験(選手,指導者,観戦?)を開示した上で
ただの批判ではなく,ご自分の意見を述べた方がよろしいのでは?
なぜ実名やラグビー経験などを語る必要があるのですか?一つの意見と捉えて頂きたいです。レベル云々じゃないんですよ。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR