2011. 11. 06  
最近、コメント欄に、以下のような文章が入り、また、それに対して、諭して頂くようなコメントも寄せられました。

<11/03名無し:なぜ?あなたはこんなに上から目線で現代のラグビーを評価できるのですか?あなたのブログは人を不快にしていますよ。昔の人間は昔の人間らしく黙って見ていて下さい>

<11/03?さん:横井さんのコメントに対し癪に障るのなら、ブログ見ないでください。 卑劣なコメントを残す意味がわかりません。 ラグビーが好きなら、上記のようなコメント を残さないで欲しい>

<11/04名無し:どこが卑劣なんですか?肯定の意見しか言ってはダメなのですか?こう言うものを書くのなら否定の意見もあって当然だしそれを受け入れる覚悟も必要なのでは?>

<11/04子供倶楽部: 横井さんも、実名、ラグビーレベル、経験など名乗って、色々意見を述べているわけですから、名無しさんも、ご自分のラグビー経験(選手、指導者、観戦?)を開示した上で、ただの批判ではなく、ご自分の意見を述べた方が、よろしいのでは?>

<11/05名無し:なぜ実名やラグビー経験などを語る必要があるのですか?一つの意見と捉えて頂きたいです。レベル云々じゃないんですよ>


これに関連して、「なぜ、このブログを開設したか」については、重々述べておりますが、今一度、確認させて頂きますと、、、
1960~70年代、恩師・大西鐡之祐氏が唱えられた「日本オリジナルなラグビー」に関係し、当時ジャパンのメンバーとして、10年余り、現場での具現化について、中心的な役割を果たした私が、現役引退後20数年経って、11年前の2000年に現場に戻った時、あまりにも「日本人の身体的特徴を無視した、外国模倣のラグビー」が横行しているのに鑑み、現代のラグビールール、現代の日本人プレーヤーにも適合する「現代版・日本オリジナルラグビー」を創造出来ないものかと考え、11年間にわたり、中学生から社会人のあらゆる年代のチーム60数チームのアドバイスをし、それぞれ花園出場、大学リーグ戦、大学選手権優勝などの成果もあげながら、ノウハウを積み上げ、研鑽して参りました。
しかし、齢70歳を迎えたのを機に、現場で御苦労されている指導者の皆さんに、少しでもこのノウハウを使って貰えばと、
昨年から「ブログ」を立ち上げ、公開しているわけであります。

故に、コメント欄に、自チーム指導に関しての疑問や、或いは私の文章に対する質問を寄せて貰い、応答するのは吝かではありませんが、その際は、私が的確回答が出来るように、またその後、私と連絡出来るように、「チーム名実名連絡先などを明記して頂いたものに対してのみ応答或いは、ブログに取りあげて回答させて貰うことにしております。このあたりの事情ご賢察の上、ご協力をお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
タッチラグビー3連覇
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
そんなコメントがあるとは・・・
以前DVDを借用させていただいた者です。
このような卑怯な意見が出ることが本当に残念に感じまして、書き込みさせていただきました。
横井様の考え方は至極当然だと思います。
今後とも各々へのコメントをよろしくお願いいたします。
参考にさせていただいております。
初めてコメントさせていただきます。
現在、私の息子は小学生でタグラブビーをやっております。
近隣にラグビースクールがないのですが将来は15人制に進んでもらいたいと願っています。
私自身も高校、大学とラグビーをやっておりましたが息子にアドバイスをするに具体的な根拠となる理論の知識に乏しく専門書や横井さんのブログを通じ再勉強させていただいているところです。
横井さんのブログを拝読し、先人の培った知識の恩恵を受けている事に感謝しております。
様々な意見があるでしょうが、私は自分の意思で読ませていただいている事と恩恵を受けている事を自覚し最低限の礼節は保とうと思っております。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR