2011. 11. 09  
また、ブログ読者からの「お便り」があった。

<富山のK氏:いつも、楽しく(私的には)厳しい(内容は)ブログを読ませていただいております。先月のワールドカップの感想や先日のトップリーグの感想は、まさにそのままだと思います。
ジャパン戦を観てほんとうに残念でなりません。ワールドカップでの試合もミス、高いタックル、本当にこれがジャパン?と思うような試合でした。
昔のことを言ってもいけないのですが、タックルは足首に入るくらいの気持ちでとか、FWが体を張って出したボールを粗末にするな!ボールは卵だと思って大切に扱えといった、根っこの部分が、ショーのような現代のラグビーでは、観れないような気がします。私自身も、小学、中学生を指導するなかで、プレーの軽さ、
高いタックルは非常に嫌って、教えるようにしております。また、ハンドオフで片手になることも好ましくないと、伝えているつもりです。最後までボールは両手、タックルは腿へ、体の小さな日本の選手が唯一世界に通用するのは、体が小さいゆえの低さだと思っています

<三重のS氏:DVDを拝見させいただいての感想ですが、パスの速さとその精度に目を見張りました。私は1964年生まれで、大学時代にラグビー部でプロップをやっておりました。学生時代のラグビーの理想形を見せていただき、感動いたしました。
私も大学卒業後、教員になりましたが、20年ほどラグビーの指導とは無縁でした。昨年より本校でラグビー部の指導にあたっております。マウスガード、ショルダーガードで保護しながら、まっすぐ肩からぶつかっていくアタック、みぞおちへ入って、ボールを奪おうとするタックル・・・大学時代とは異なる競技になったラグビーに、戸惑っております。ブログでのご指摘どおり、今の高校生の身体の変化にも直面し、昔のラグビーの方が、ある面、安全ではなかったか?とも思っております

<横井回答:今のプレーヤーが出来ることはなにか、何が出来ないか?よく見て、考えて、チームとしての「年次目標」、それを達成するためのとるべき「ゲームマネージメントの構築」、そしてそれを成し遂げる為の「練習計画」など、とにかく「書きもの」にして、それを毎年見直し、より完全なものに進化させて行けば、 如何?>

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
第91回全国高校ラグビー大会
NEW Topics
④:よくある議論
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR