2011. 11. 21  
三重の指導者K氏から、メールで質問が届いた。こんなやりとりをしたが、、、

<K氏:先週の日曜日は、三重県の花園予選の準決勝でした。スタンドの上から見ていて、長いパスを受けた選手が、受けた
瞬間止まるのが、目につきました。浅いラインで、速いパスより、常に深めのラインで、走りこんで受けるほうが、有効だと思いますが、これも今のラグビーの流れでしょうか?バックスに関しては全くの素人ですので、質問になってないかも知れませんが、
体格、技術に劣るなら、少しでも勢いをつけて、接点に向かうこと、パスに走りこんでいくことから教えて、正解でしょうか?

<横井回答:すべて、K高が、プレーヤーがどのようなラグビーが出来るかと考えて、K高ゲームマネージメントをつくり、そのゲームシチュエーションの練習をすべきで、それにより、どのように練習するかが決まる。 しかし、こんなことを言っても、決まってないでしょうから、一般的に言えば、基本は、ライン間隔狭くして、
まっすぐ走り、ボールフラットに動かす、 そのボールを受ける時に、80~90%の走り込み速度で受けられるようなところから、スタートすれば良いのでは、、、

<K氏:ありがとうございました。ご指摘の通り、私自身が、「K高のラグビー」のイメージをはっきり描けていません。その状態での質問ですので、漠然とした質問で、お答えが難しくなり、申し訳ございません。今後も、このような質問で、横井さんのお時間をいただくと思いますが、ご教授いただきますよう、重ねてお願い申し上げます

しかし、これでは、あかないので、K氏には「小よく大を倒すゲームマネジメント案」的なものを、送ることにしよう。とにかく「自チームは、どういうラグビーが出来るのか」が、一番最初に考えねばならぬこと。出来ないことを、やろうとしても挫折感を味わうばかり、努力すれば出来ることを、きっちりやって、小さな成功体験を積み上げ、ステップアップして行こう。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
過去記事:(15)
NEW Topics
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR