2011. 12. 02  
久しぶりに、K氏から質問があった。ちょっと、どのレベルで話をすればよいか迷ったが、高校生レベルで、話しておこう。

<K氏:CTBに求められるタックルの技術と、FBに求められる
タックルの技術の違いを教えてください

<横井回答:CTBは主として間合いないところでのタックル、 FBは、間合いある時のタックルが多いということです。なお、以下に説明する「私の推奨策」は、内から外へ追うドリフト主体のディフェンスをしていることが多い・今の高校生プレーヤーには、すぐにはできませんので、出来る範囲から徐々に出来るように、練習して行くべきだと考えますので、留意して下さい。

CTB:敵の外肩にポジショニングし、敵との間合いを詰める最初の3mは猛烈ダッシュ、そして対面の状況を見て左右への修正をして(但し姿勢は低いまま)、最後またタックルポイントへ猛烈ダッシュ、肩でタックルに入れるようにする。
この「間合いを詰める動きが重要」なお、そうはと言っても、今はセットスクラムでも、5m下がっているので、ガッツンタックルは、2CTBで可能と思われる。しかし、その為には、SO、1CTBは揃って間合いを詰めておかなくてはいけない。
また、早いスピードでの「左右への対応」は、実際に対面に動いてもらって、タックルポイントを合わせる練習を別途する必要があり、前記の1CTBと2CTBの対面との間合いの違いで、1CTBでは対面がボールをもらう前、2CTBでは丁度ボールをもらう時にあわして、対応を練習する必要がある。
また「外肩」に立つというのは、対面はもともと少々斜めに走ってくるので、予め外側に立っていればよいのでは?との考え方、昔の私は更に一歩外に立ったが、今の高校生は内肩から追っているので、とても一挙には無理だから「外肩」で始めればの意味。そして間合いが詰まってくれば、自然に内肩になり、結果的には「内は抑えて、あとは外側のタックルポイントを探るポジションになり、一方向に追えるということ。

FB:これも、最近は横一線のディフェンスラインに入ってしまう
場合が多いので、その場合は、上記のCTBと同じ。故に、違う
タックルとしては、ラインの後ろに居て、敵がラインを抜けて来た際のタックルで、説明しよう。
要するに、この際は抜けてきた敵を、まずタッチ側に追うという
ポジションをとること。そして、今のプレーヤーで一番よくみられる悪い癖は、「敵がどっちに行くか、両足揃えたままカカト重心で待つという姿勢」、これでは、敵をタッチ際に詰めて、タッチをも味方にしてタックルするということができない。
すなわち「効き足を少し前にしたショートステップ低い姿勢で、タッチに向け走らせる ・ 敵の内肩を狙うポジション、を取りながら、間合いのあるところから前に詰めながら、敵との走力違いを考えながら、タックルポイントを探り、追い詰めて、肩でタックルに入る。この「ながら、、、」が難しいが、これは色々な
シチュエーションを一対一で、数を練習するしかない。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
空間認識?
NEW Topics
コメント:③
①:アタックについて
コメントあり:②
変なコメントあり
⑨:変なラグビー
Comment
回答ありがとうございます
回答ありがとうございます
CTBはフロントスリー同士での連携やNo.8等のフォローがあるのに対して
FBは味方からのフォローが、あまり期待できないと思うので
求められるタックルの技術も結構違うと踏んだのですよね
そこで回答を読ませて頂いた所
『やはり、違うのだなぁ・・・』と感じた所であります
こうなってくると、どこかしら議論や意見交換ができる場所が欲しくなる所ですね
何故なら、様々なシチュエーションでの様々なタックルの技術について知りたくなったからです
流石に、ブログでやるには、情報量が多過ぎるでしょうし
(ブログはどうしても検索性が低くなる為)
このブログの読者さんの中に、イイ場所知ってる方が居ないものかと思います
くるぶしさんへ
議論の場所を探す?それはそれで結構ですが、私の回答の「出典」は、はっきりしておいて下さい。そして、私の「ブログ」も見るように、宣伝しておいて下さい。よろしく、、、
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR