2011. 12. 05  
福岡のH氏から、こんなメールがあった。いまの子供に教えるのは、苦労するよねー。

<H氏:ご無沙汰しております。福岡県の小学生県大会も終了しました。4勝2敗の4位と言う結果でしたが、最終戦は何とか自分達のラグビーが出来、子供達も笑顔で引上げてきました。
そこでブログのノッコンについてですが、私の息子CTB、FBをやっておりますが、ノッコンが多い。これは始めた頃から多かったのですが、そのノッコンが漫画のようなノッコンというか、ハイボールを頭に当てたり、もちろん手でも、ノッコンするのですが、色々練習してみたのですが、中々上手くなりませんでした。それが五年生の頃に、目が相当悪いことに気付き、色々考えましたが、ラグビーの時だけコンタクトを入れました。それからは、かなり減りました。これは技術的なことではなく、身体的なことなのですが、この前の県大会で、同じシチュエーション、同じボールで、二回ノッコンをしてしまいました。
相手陣で苦しまぎれに蹴られたハイボール、もちろんプレッシャーも少なく、もしかしたらカウンターの大チャンス、とばかりのボールでした。外から見ていても難しい回転でもなく、取ってからも、すぐタックルに入られるようなシチュエーションでもなかった。それが1試合で二回のノッコン。
原因①半身になっていなかった。
原因②落下地点が分からなく、必要以上に慌てる。
原因③スキルの問題
その他にもライナー性のボールで、ノーバウンドでは取れなく、
ワンバウンドでとるボールでした。味方からも『誰も来てないよ』
『ワンバン』と声が出ていたにもかかわらず、いきなり前につめる息子。
野球でもいますよね。打った瞬間に前につめて、万歳して頭を越される人が。まさにそれで。
上にも書いた原因②の落下地点が分からない。これは私の責任でもあるのでしょうが、野球をやったことがほとんど無い。私が住んでいるところは公園があるものの、ボール遊びが禁止、野球をするなら、ソフトボール部に入るしかないようなところです。
落下地点に入る時も、普通は予測地点まで普通に走り、構えるのですが、手を前方に出しながら走っていく。もちろんスピードは出ないため追いつくはずのボールに追いつかない。
これは、うちの息子に限ったことではありません。今の子供は小さい時からほとんど野球、サッカーをしたことがなく、近くでやれる環境も、少ないのではないでしょうか?
もちろんスキルは教えていますが、ボールを投げる、飛ぶ、キャッチすると言った、昔では教えられるものではなく、自然に遊んでいる時に体が覚えるものを、教えなければならないのが現状です。そのためには小学校の低学年では、ラグビーの練習中でも、違うスポーツを取り入れていくのは、大切なのではないか?出来ればボールを使って遊べる環境を、提供できればなど考えてしまいます。
ノッコン話からそれますが、今後は中学部に上がる時に、辞める子供が出てきます。他のスポーツをやる子供、中学校の部活動が優先な子供、続ける子供と色々います。
色んなスポーツに興味をもつことはいい事と思います。ただ、完全に辞めて欲しくない。両立が出来るのならやって欲しいと思っています。少しでも多くの子供が残ってくれるように声掛けして、また新しいこの勧誘に頑張っていきます

<横井回答:最終戦よかったですねー。なお、ノッコンの件、常々私が言っていることに納得頂けましたか?小さい時に野球やソフトをやっていない為に空間認識力が鍛えられてないのではと思います。だから、小さい時は、色々なスポーツ経験して、最後にラグビーをすべきと言っている。また、小さい時にラグビーをやると、「痛い怖い」を克服できず、「15人ラグビーには悪い癖」が付くので、タックルのない「タッチラグビー」(タッチフットボールじゃなく、タッチラグビー:11月1日のブログを参照方)、をした方がよいと言っている。いずれにせよ、そちらの環境を、
よく検討して、よい方向に導いてあげてください

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
早明戦を見て
NEW Topics
現ジャパンのテストマッチ
ブログ拍手
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
さらに、コメントあり
Comment
No title
興味深いコメントとです。私も小学生に教えていますので、共感を覚えます。
ノックオンは、視力も非常に影響すると思いますが、どういうシッチュエーションでも取り方があるので、繰り返し練習するしかないと思います。小学生でしたら、ハンズアップして常にボールを見てキャッチする、ボールから目を離さないことが大切だと思います。パントキックに対しては懐で抱え込むようにキャッチするなど反復練習が基本だと思います。うちの息子も小学校のときに時々やりましたが、中学校時代からほとんどしなくなりました。
あと、ボールを取る姿勢も大切だと思います。ご指摘のパントキックに対しては半身で取ることはどの段階(小学校?中学校?)で教えるのが適切かわかりませんが、やはり経験・練習回数だと思います。
練習でできないことは絶対に試合ではできません。
横井さんのコメントにあった、1試合に40回のハンドリングエラーはラグビーとはいえないと思います。
先日の、某県大会(高校)の決勝では両チームあわせて10回もありませんでした。試合時間が違うので一概には言えませんが、40回の試合はお金を払ってみる試合ではないですね。
小学生でもそんなにしません。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR