2011. 12. 14  
先日行われた、NEC東芝戦、ここまで全勝でトップを走って
いた東芝が、NECに敗れた。
ゲームの入りは東芝がよく、前半分、15分と連続攻撃でトライ22分にはSOからブラインドウィングにつないでトライと、早々とNEC0-19東芝とリード。
しかし、ディフェンスを立て直したNECが、粘る内に息をふき返し、前半35分、敵ボールラインアウトを奪って攻撃、インゴールにグラバーキックしてトライ、前半終了間際には、敵ボールスクラムでもボールを奪い、連続攻撃でトライ、12-19と、効率よく差を詰めた。

そして後半46分、NECが前半終盤の勢いそのままにトライ、17-19と詰め寄った。さらに、58分、東芝の焦った攻撃をインターセプトしたウィング独走トライ。遂に24-19と逆転に成功。
その後、東芝の猛攻が続くが、NEC必死のディフェンス、特に、最後の10分余りは、ゴール前に釘付けとなったが、止め切って、ノーサイドをむかえ、勝ち切った

両軍とも、ハンドリングエラーは5つ程度で、粘り強い攻防を繰り広げ、久しぶりに見応えのあるゲームであったが、やはりワールドカップと同様、守りきった方が勝つという傾向があった。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:NEC―東芝戦
NEW Topics
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
「昨今のラグビー論議?」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR