2011. 12. 21  
18日、各地で大学選手権の1回戦が行われた。
結果は次のとおり。

(対抗戦1位)帝京大96-6福岡工大(九州1位)
(関西2位)同志社大49-17大東大(リーグ5位)

(対抗戦3位)明治大38-3関西学院大(関西5位)
(対抗戦4位)筑波大22-19東海大(リーグ2位)

(対抗戦2位)早稲田大51-7大体大(関西3位)
(リーグ3位)関東学院大22-12立命大(関西4位)

(関西1位)天理大39-19法政大(リーグ4位)
(対抗戦4位)慶應大39-24流経大(リーグ1位)

左側が勝利チーム、準々決勝は、帝京同大明大筑波早大関東天理慶應となる。関東対抗戦グループ5校が
残り、関東リーグ戦1校、関西2校となった。結局そのグループ間で、お互いに切磋琢磨出来たチームの多くが残ったという
ことではないだろうか。
特に、大学生は毎年メンバーが入れ替わるわけで、その一年間でどれだけ成長するかにかかっており、また、それだけ短時間に仕上げなければならないので、どれほど一貫した考え方で
やっているかが、キーポイントではないだろうか。

この後も、それぞれの大学の特色を出した戦いを期待したいもの。ユメユメ同じ戦い方をして、「どちらがミスが多くて負けるか」のゲームだけは、願い下げにして貰いたいものである。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
日本オリジナル
NEW Topics
素晴らしい日本
⑦:BKの基礎スキル
⑥:BKの基礎スキル
⑤:BKの基礎スキル
④:BKの基礎スキル
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR